夫が数年前書店で見つけて買ったゲームが
学研 頭のよくなるゲーム アルゴ
」です。

 その頃、長男はまだ幼稚園年中で、そのゲームはできませんでした。年長の頃になると、少ない枚数から徐々にできるようになりました。すぐに全部のカードを使ってできるようになりましたが、まだまだお父さんにはかないませんでした。

 それが、一年生の2学期頃、初めてお父さんに勝ちました。すごーくうれしそうでした。夫はまじでくやしがっていました。

 ゲームの説明にある、「論理的思考力」がついたのだと思います。けっこう、考えるゲームです。あと、ゲームの説明にはないのですが「カン」を働かせるのも勝利の重要なポイントです。

 四則演算ができるようになったら、
学研 頭のよくなるゲーム トリンカ

にも挑戦したいです。

 最近お勉強がたるみ気味の長男。

 昨日は、勉強をする間、私が、正面に座って、長男を見ておりました。

 これまで、子供の勉強を見るときって、私はだいたい、いつも、ノートやプリントのほうばかり見ていました。

 でも、昨日は私が少し疲れていて、正面に座ってはいたものの、ぼーっと、こどもを眺めていました。そしたら、いつもは気づかなかった、
「子供が勉強しているときの、すごく真剣な顔!」
を発見しました。

 漢字の書き取りの時の、少し力んだ真剣な顔。
 
 算数の問題を考えるときの、ちょっと難しい顔。

 遊んでいるときの、天真爛漫な笑顔もいいけれど、勉強しているときの一生懸命で、真剣な顔も、ホントかわいいなぁ♪

 昨日長男(小2)の進研ゼミの添削結果が戻ってきました。
 
 一年生の頃は私がチェックして、間違いを訂正してから提出していたので毎月100点でした。でも、それでは解答している間の注意力はつかないし、見直しをしようとしないので、2年生になってからは、自分で見直しをして、自分が「これでよし!(=100点だ)」という段階で提出することにしました。
 さらに、国語も算数も100点なら、ごほうびに100円あげるという約束もしました。
 これで、かなり真剣に取り組むようになりました。

 戻ってきた答案を見てみると・・・
 算数は100点でしたが、国語が99点でした。一応提出する前は私も答案を見るのですが、「おっ、今回は100円もらえるな。」と思いながら提出していたので、国語の99点は「あれぇ?」という感じでした。

 台風14号の接近で、明日は私の住んでいる市内全域小中学校は休校。次男の幼稚園も休園となりました。
 多分そういうことになるだろうと思い、日曜日に図書館へ行って、本を借りておきました。

 今まで物語系ばかり借りていましたが、物語以外に、今回初めて、長男には、学習マンガシリーズのロボットや星についての本を借りてみました。魚好きの次男には、魚関連の本も忘れずに。

 そして、私は、
齋藤孝の相手を伸ばす!教え力
段取り力「うまくいく人」はここがちがう
を借りました。

 「教え力の本」の方は、読み始めたばかりです。「段取り力の本」の方は、主人が興味を示し、今読んでいます。

 親が読んでいると、子供も自然に本を広げています。
 「本を読みなさーーい!」と言うよりよっぽど効果的ですねぇ。

 さぁ、明日はゆっくり読書でもして、台風が通過するのを待つとします。

長かった(←私にとって)、夏休みも終わり、新しい教科書をもらって長男は、張り切っています。
子供と、新しい教科書を、ぱらぱらとめくって、
「2学期は、こんな難しい漢字を習うんだねぇ。おもしろそうだねぇ。」
とか
「すごーい、かけ算がすぐでくるねー。全部覚えたら、便利そうだねぇ。」とか
子供の知的好奇心をくすぐっておきました。(やる気につながりますように!!)

ところで、この夏休みは「音読」に挑戦しました。
「音読」は、最近の教育書では必ずといっていいほど、その良さについて書かれています。

学校でも、毎日本読みの宿題が出されていました。
教科書の音読だけでは、子供が飽きてしまっていたので、夏休み前に教材を一冊購入しました。
↓↓↓
陰山メソッド徹底反復「音読プリント」


著者:陰山英男 出版社:小学館 本体価格:500円


この値段で、この内容なら申し分ないと思います。
この中から、夏休みの始めの3週間は私が選んで、長男に読ませました。
最後の1週間は、長男が自分で好きな文章を選んで読みました。

すぐに目に見える効果があるようなものではありませんが、
長男が「音読っておもしろいねぇー。」と言いながら取り組めたのがよかったと思います。
日本語の持つ美しさや、リズムを、少しは感じ取れたのではないかと思います。
中でも、俳句は気に入ったようです。

 夏休みの自由課題の習字が、先延ばしになっていました。

 長男に「書く?」と聞くと、やる気まんまんの様子。

 習字は3年生から始まるので、道具を持っていません。
 
 それで、道具は夏休みの始めに100円ショップで一応買っていたものを使いました。大筆は持っていましたので、小筆と下敷きと文鎮を購入しました。100円で買えるんですね・・・。

 習字を始めたのがおととい。
 一日で終わるかと思いましたが、なかなか思うような字が書けません。子どもも集中力が切れて、いやになるし、私もイライラが爆発しそうになるしで、初日は終了。
 
 2日目(8月30日)、今日こそは、と思ったけれど、10時になると友達の「ピンポーン」攻撃に、あえなく撃沈。
 
 3日目(8月31日)、さすがに3日目ともなると、だいぶまともに書けるようになりました。名前も何とか書けて終了。

 
 3日間、自分のイライラを抑えるのに必死でした。つかれたぁー。

 お習字は、やっぱりいいですね。
 何でも早く、早く済ませようとする長男はノートの文字が乱雑です。

 白い紙に、自分が書くべき文字をイメージして、一文字一文字をゆっくり、姿勢を正して丁寧に書くという作業が彼には必要だと痛感し、お習字を習わせたいなぁ・・・と思いました。

 読書感想文を書き上げました。

 長男が、学校の図書館から借りていたのは「とべ!!翼竜号 模型飛行機ひとすじに生命をかける男」という本でした。

 飛行機好きの長男らしいなぁ、と思っていましたが、かなりのボリュームで、本当に読めるのかなぁ、という心配もありました。

 読書は、遅々として進まず、とうとうギブアップ。
「夏休みが終わるまでに、最後まで読むだけは読む。」と約束して、別な本に変更しました。

 息子も私も大好きな本に決めました↓↓↓

 「もしも、おおきなきがあったら、木の上に家を作って・・・、と主人公がどんどん想像を広げていく楽しいストーリーです。」

おおきなきがほしい

おおきなきがほしい



著者:佐藤暁 / 村上勉   出版社:偕成社  本体価格:1,000円

 さすがに大好きな本とあって、感想文もすらすら、あっという間に、書き上げました。

 息子も、感想文が終わっていないのは、少し気になっていたのでしょう、書き終わると、なんともすっきりとした笑顔でした。(私も、作文を書き終わったときのすっきりとした気持ちを思い出しました。)

 「勉強しなさい!」と言わずに、いかに子どもが自発的に勉強(宿題)するようにしむけるか・・・難しいですね。

 今のところ、「宿題はちゃんとしていこう。」という気持ちを持っているので、その続きに、音読や漢字の書き取り、計算などをやらせるようにしています。

 長男が、受講している、「進研ゼミのチャレンジ2年生」には、毎月、子どもの「やる気」を引き出す工夫が、随所にちりばめられています。

 毎月の添削の結果についてくるシールを数十枚集めると、気に入った品物がもらえたり、取り組みの時間を計るタイマーは、4日ごとにゲームができたり・・・。

 この6月から、7月にかけてかなりだらけて、進みが遅くなりましたが、前の号が終わるまで、次の号を開けないと約束して、夏休みに頑張ってなんとか、8月号の提出までこぎつけました。
 遅れてもちゃんと添削して、シールもつけて返却してもらえます。

 9月号には、目盛りのついた鉛筆がついていて、どれだけ短くなるかよく分かるようになっています。

 この鉛筆を使って、毎日少しずつ取り組んでいます。短くなっていくのが
うれしいようです。

『教科書 +α の力』を伸ばす。【進研ゼミ小学講座】

 夏休みの課題の、読書感想文をまだ、書いていない長男。小学二年生。

 他の宿題が順調に終わり、余裕の彼でしたが、読書感想文をまだ書いていないことに、今朝気づいたようです。
 私も、いつ書くのかなぁと気にはなっていたのですが・・・

 長男、「お母さん、読書感想文って、自由課題じゃなかったっけ?」
 私、「ちがうよぉ。みんな書いていくんだよ。」
 長男、「えー。まだ、本半分しか読んでないよぉー。」

 早速、とりかかるかと思いきや・・・10時になると、さっさと、外に出て行ってしまいました。

 どうなることやら・・・。

 よく、宿題を手伝ってくれるお父さんに頼んでも、こればっかりは多分無理でしょう。
 
 お父さんは、本を読むのが大嫌い、文章を書くのはすごく苦手。なんといっても、中3から高3まで、同じ感想文を出し続けたという経験の持ち主ですから。(そんなの、ありかよぉぉ!!)

 夏休みの宿題の、自由課題に「統計グラフ」がありました。

 夏休みは、時間もあるし、ちょっと難しいものにも挑戦しようと、子どもと話し合い、「統計グラフ」を作成することにしました。

 何をグラフにするか?というのを考えるのが難しかったですね。
 実家に帰り、毎日とれる野菜を眺めていて、成長の早い、オクラを日々計測することにしました。
 2年生なので、まだ、本格的なグラフを習っていません。それで、わかりやすい棒グラフを教えて、書くことにしました。

 なんとか完成。↓↓↓


 グラフや表のタイトルの書き方や、単位の表示の仕方など、私も勉強になりました。


Shopping



Archive

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM