つい3週間ほど前に、「ガングリオン」その後と題して、ガングリオンが再発していないことを書いたばかりだったのですが、2,3日前からまた立派な「ガングリオン」が、息子の足に出現してしまいました。

 以前にできた場所と同じですが、まだ今のところは少しやわらかいようです。これからどんどん硬くなっていくのでしょうか・・・

 息子のほうも以前の痛かった注射をまだ鮮明に覚えているようで、病院には行きたくないと言うので、しばらく様子を見ようと思います。

 なんとも厄介なできものですしょんぼり

 2ヶ月ほど前、次男(6歳)の足の甲にできたガングリオンという腫瘍の中身を注射針をさして抜きました。詳しくは、「ガングリオン」の中身をお読みください。

 それ以降、経過を観察していましたが、中身を抜いた時のままで、ほとんど見た目にはわからなくなっています。私が見て、これかな?と思うくらいです。
 
 ただ、触ると、中身のないガングリオンの袋があるのがわかります。また、何かの拍子にゼリーがたまってしまうかもしれません。要観察です。

息子のクラスで学級閉鎖寸前まで流行したインフルエンザ。
もちろん息子も先週木曜日から高熱で寝込んでいました。
タミフルを飲んで、ひたすら寝て、だいぶ落ち着いたころ、私も突然の高熱。
大変でした。

熱が下がっても、二日くらいは人にうつすかもしれないとのことで、自宅でおとなしくしております。

こんなに寝込んだのは、6年前のインフルエンザ以来でした。
そのときは、次男を妊娠中で、予防接種もしておらず、なかなか熱が下がらず、点滴に2日ほど通いました。
今回は、予防接種もしていたし、タミフルという特効薬もあり、丸2日で熱は下がりました。

まだまだ流行中のようです。みなさま、お気をつけください。
やはり、手洗い・うがいが一番の予防法のようです。

先日、はじめまして「ガングリオン」というブログに書いたのですが、次男(6歳)の足に「ガングリオン」という腫瘍ができました。

骨の成長のことを考えて、一度腫瘍の中身を取って、小さくすることにしました。

方法は、腫瘍に直接太目の針をさして、中身を吸い出します。子供が暴れないように、よく言い聞かせてから来て下さい、と言われ、なんとか説得して連れて行きました。

「注射器で吸っても、粘度が高すぎると吸い出せません。」と説明を受けて、針を刺されました。見てるほうが痛かったです。

注射器で吸い出そうとしましたが、なかなか吸引できず、もうだめかなと思った瞬間、針の刺さったところからビリビリビリッと中身が出てきたのです・・・
なんとまぁ、透明で美しいゼリーでした。

それから、針を抜いて、直接押し出して、終わりました。全部の中身を出すことはできず、少し硬く残っているようでした。

その後歩き回ったので、注射針を刺したところからけっこう出血しましたが、夜にはとまりました。次の日足を触ってみると、腫瘍のあった部分が他のところと変わらないくらいやわらかくなっていて、見た目にもほとんど分からなくなりました。
一安心です。

またすぐゼリーがたまる人もいれば、そのままわからなくなる人もいるそうです。

このタイトルを見て、すぐに分かる人も多いのでしょうか。

「ガングリオン」とは、
手足部にできることが多い、良性の軟部腫瘍です。中にゼリーがはいっていて、はれると堅くなり、あたかも骨のように感じます。患者さんはよく軟骨が出たといいます。若い女性に多い手首や指の付けに多く発生します。


 つい2週間ほど前、次男(6歳)が、「お母さん、足に何かできたみたい。」と言うので、見てみると、足の親指と人差し指の付け根の骨と骨の間に何かコリコリしたものができていました。触ると結構硬いので、軟骨かな?と思い整形外科を受診しました。

 レントゲンをとりましたが、何も映っておらず、骨ではないことが判明しました。一体何なのかを確かめるために、MRIをとることになりました。

 昨日の続きですが・・・

 私の今回のダイエット方法の一つは、「はかるだけダイエット」です。
ネットで検索するといろいろ出てきますが、私は、朝起きた時、昼間気づいたとき、夜寝る前の、一日3回体重を測って、冷蔵庫に貼った紙に記録しています。
 朝起きた時の体重をできるだけ夜までキープできるように、食生活などを意識して、一日を過ごすようにします。

 「はかるだけダイエット」についてはコチラ

 実は、ただいまダイエットをしております。
 夏休みに、自分の実家、主人の実家と里帰り続きで、おいしいものをいただきっぱなしで、夏痩せどころか・・・太ってしまいました。

 このままでは、中年太り冷や汗まっしぐらだわ!と思い、一念発起いたしました。
 目標は、1ヶ月1團據璽垢如▲リスマスまでに4垳採未鯡椹悗靴泙后
 方法は、「はかるだけダイエット」と「チョコレートダイエット」です。それぞれの方法については、これからおいおいご紹介していきたいと思います。
 本気です!

============
楽天 ダイエット市場

=============

 病気のデパートの長男が小学校に入ってから、元気に皆勤を続けていましたが、とうとう休んでしまいました。
 
 耳の下をすごく痛がるのでさわってみると、腫れていて、微熱もありました。おたふく???と思ったけれど、一年位前にやったはずだし・・・

 病院へ連れて行くと、おたふくか耳下腺炎かわからないので、血液検査をしました。
 その結果、今回のは、耳下腺炎だと判明しました。
 
 血液検査で、おたふくの抗体の有無や、その抗体が今発病しているものなのか、以前発病(または予防接種)したときのものなのかがわかるそうです。
 長男の場合は、おたふくの抗体はちゃんとあって、前にできたものだそうです。(そりゃそうだわ!予防接種までしたのに発病までしたんだから・・)

 普通、おたふくかぜは1回やると二度とはやらないそうです。たとえ、片方しか腫れなかったとしても、抗体はちゃんとできるそうです。

 参考→→おたふくかぜと耳下腺炎

 

 今年も毎年恒例のインフルエンザの予防接種を家族みんなで受けました。

 私が、下の子を妊娠中にインフルエンザにかかり高熱で2日間点滴を受けて、夫にもうつしてホントに大変だったことを機に、毎年受けるようになりました。

 今年は、インフルエンザが話題になっているせいか、予防接種を受ける人も多いようで、かかりつけの小児科ではいっぱいで、予約できませんでした。

 それで、いろいろと電話して調べてみたら、値段にとてもばらつきがありました。一番安いところで、1500円、高いところで3500円でした。

 結局我が家は、小児科もある内科で、
2000円×子供2人×2回+2000円×大人2人=12000円ナリ
で受けました。(子供の2回目は12月の初めの予定です。)

 予防接種をしていても、かかるときはかかるんですよね・・・

 どうかインフルエンザにかかりませんように。

 長いこと、実家に帰って、のんびりしていました。

 おとといの夜中帰ってきましたが、突然の背筋の激痛、台所の水漏れで、部屋中水浸し、トイレのつまり・・・とてんやわんやで、”まいりました”。

 やっと落ち着いて、久々のブログ更新となりました。

 コメントいただいた皆様ありがとうございました。

 帰りは高速を利用したのですが、さすがにお盆の帰省とあって、車のナンバー(地名)がいろいろです。
 退屈しのぎに、通り過ぎる車や、パーキングに止まっている車のナンバー(地名)を、長男に片っ端から読ませました。長男もおもしろがって、20種類くらいの漢字の地名を覚えることができました。
 
 地名を覚えると、「○○ってどこにあるの?」と興味が広がってきます。
 それを、カーナビの地図で教えてあげます。
 なかなか、よい学習の機会と暇つぶしになりました。


Shopping



Archive

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM