佐川光晴著『おれのおばさん』読みました
内容紹介
挫折なんて突き抜けろ! 痛快!青春物語
ある日突然、父親が逮捕! 東京の進学校から一転、変わり者の実のおばさん率いる札幌の児童養護施設の居候となった14歳の陽介。さまざまな出会いに彼は・・・。時代の閉塞感を突き破る、痛快青春ストーリー! 。

息子2人を持つ母親としては、少年が主人公の小説は結構好きです。
共感できるところや、あるあるこんなこと!とか、へぇこんなこと思うのかぁとか、いろいろと子育ての参考にもなるからです。
少年が主人公の『サウスバウンド』ほどのインパクトはなかったけれど、この物語もとてもおもしろいです。
この著者の他の作品もなかなかおもしろそうなので、しばらくはまりそうです。

おれのおばさん

新品価格
¥1,260から
(2010/11/22 08:32時点)

Comment





   

Shopping



Archive

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM