今朝の朝日新聞の広告欄に、下の2冊の本が掲載されていました。
アメリカインディアンの教え
子どもが育つ魔法の言葉

 どちらも出版当時、とても話題になった本です。「アメリカインディアンの教え」の方は、最近、皇太子様が感銘を受けた本として、また、話題になっているようです。

 どちらも、ドロシー・ロー・ノルトという人の詩を扱っているのですが、前者は、その詩の本当の作者が調査してもわからないまま、著名な心理学者が解釈と説明をつけています。
 一方、後者は、詩の作者であるドロシー・ロー・ノルト氏が詩に改良を加え、真意を説明しています。その中で、「詩だけが一人歩きして、いろいろな解釈をされている。」ということも書いてありました。

 私は、学生の頃心理学を専攻していましたので、前者の本も読んでいましたし、子育てを始めてから話題になった、後者の本も読んでいました。
 
 この本はどちらもすばらしいです。単行本になっているのでぜひ、読んでみてください。
 ただ、前者の「アメリカインディアンの教え」の方が少し文章が硬く、言い回しも難しいような気がするので、どちらか一冊というなら、後者の「子どもが育つ魔法の言葉」の方をおススメします。

 我が家では、詩をプリントアウトしていつも見えるところに貼っています。

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://gogo.outdoor.sunnyday.jp/trackback/45872

Shopping



Archive

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM