うちのザリガニ。
飼い始めて、3ヶ月ほどになります。
わが家の環境にも慣れ、すっかりリラックスした感じで、
「横になって寝るんです。」

初めて見たときは、びっくり!!
死んだと思いました。

今ではそんなリラックスしたザリガニがとってもかわいくて・・・

息を吹きかけると、びっくりして、あわてて、後ろへ跳ね上がりますイヒヒ

横になって寝るザリガニを見たい方は、衝撃画像をご覧ください!!

○カブトムシ
 夏が終わると成虫は死んでしまいます。
 今日、虫かごに残しておいた土を新聞紙の上に広げると、幼虫が出てきました。今回、成虫用のマットのまま卵から幼虫になったので、去年に比べるとサイズがかなり小さいです。
 今年は、オオクワガタの飼育に全力を挙げる予定なので、今回の幼虫は、カブトムシをつかまえた山に返しに行こうと思います。

○オオクワガタ
 夏の間に、朽木を埋めた虫かごで2週間ほどペアリングして、それ以外はオス、メス別々に飼育していました。オオクワガタは越冬するので、食欲はかなり落ちていますが成虫はまだ生きています。
 今日、朽木を出して、中を割って見ました。すると・・・小さな幼虫が3匹出てきました。
 早速、ホームセンターへクワガタの幼虫飼育用の菌糸ボトルを買ってきて、入れてあげました。カブトムシは通常一年で成虫になりますが、クワガタは成虫になるまで数年かかるようです。無事成虫になりますように。

 しかし・・・自分がカブトムシやクワガタの世話をするようになるとは思っても見ませんでした。

我が家のカブトムシが羽化しました。
オス3匹に、メス2匹です。
マット(土)交換や、マットの追加を去年よりはまめにやったので、大きくて立派なカブトムシに成長していました。

なかなか出てこないので、親子で心配していましたが、無事に出てきてくれて、子どもたちも大喜びです。
新しい命の誕生はうれしいものです。

が、しかし・・・
我が家には、メダカの親、子、越冬したコクワガタ、次男のお誕生日にもらったオオクワガタのペア・・・これにカブトムシまで加わると、母としては自信がありません。
けっこうエサを食べるんです。

さっそくご近所へ里子に出すことにしました。

自分が、魚や昆虫を飼うなんて、昔は想像もできなかったなぁ。

変なタイトルですけど・・・・

今日ふと思った私のギモンです。

幼稚園から帰った後に、次男のおたまじゃくしとりに出かけました。

雨も上がり、田んぼの水が増していました。

しばらく雨が続いたので、おたまじゃくし取りに行ってなかったのですが、
田んぼへ行ってみると・・・・

おたまじゃくしが大きく成長していて、小さなかえるがいっぱいでした。

後ろ足がはえてるモノ、
両足がはえていて尻尾がまだ長いモノ、
両足がはえていて尻尾が短くなっているモノ、
かなり、キモチワルイ・・・

一番おもしろかった(?)のが、かえるの形になっているのに水に浮いたままで、体の動きがぎこちないかえるです。

多分、かえるになったばかりなのでしょう。

いったい、おたまじゃくしは、いつ自分がかえるになったと気づくのでしょうか・・・

カブトムシは、ひと夏で死んでしまうけど、クワガタ類は越冬するって今まで知りませんでした。

去年の夏、カブトムシといっしょにちいさなコクワガタも飼っていました。

秋になっても元気だし・・・どうなるのかなあと思っていたら、主人に越冬することを教わりました。

でも、まさか、この虫かごの中じゃ無理だろうと思い、山に返そうと思いましたが、長男がどうしてもいやがり、物置の片隅に置くことにしました。

秋も終わりの頃になると、えさも食べなくなり、じっとしてることが多くなりました。

カブトムシの幼虫のマットを交換するときにちょっとのぞいてみると、確かに止まり木のうらでじーっとしていました。

つつくと、ちょっと足を動かす程度。
私には、とても弱っているように思えました。

そして、初夏、こくわがたはひとまわり大きくなって、元気な姿を見せてくれました。ちょっと、感激してしまいました。

そろそろ、カブトムシも羽化するし、めだかの赤ちゃんも続々と誕生しています。

お世話のいそがしい夏になりそうです。

我が家のカブトムシの幼虫たちが、順調にさなぎになりました。

去年は、マット(土)の居心地が悪かったのか、さなぎになって、
土の上に出てきてしまったのがいました。

虫かごのかべに、つのを押し付けた状態のまま、羽化したので、つのの曲がった成虫になってしまいました。

かわいそうだったので、今年は、冬にマットを1回交換して、春には1/3ほど交換して、さらに追加のマットを入れて、固め・深めにしてあげました。

それがよかったのかな???

6匹の幼虫がそれぞれ居心地のよさそうな空間をつくって、くねくねしています。

かなり、気持ち悪いです。

メスになるのか、オスになるのか・・・

この季節、我が家のムシキング熱もさらにヒートアップしそうです。

虫好きの子供を持っている方必見のショップです
↓↓↓
特急少年

おととしの夏の夜・・・
息子とカブトムシを捕りに行きました。

山の方へ40分ほど車を走らせると、街灯の下に黒光りする何かが!!!
カブトムシでした。
オスは一匹で、あとはメスばかり・・・
次の街灯も、次の街灯もメスばかり・・・

でも、うれしくてオス一匹とメスを3,4匹捕って帰りました。
息子も主人も大満足でした。

ひと夏飼って、秋になると、カブトムシは死んでしまいました。
虫かごは、そのままにしてありました。

ある日、虫かごを片付けようと、庭で中の土をひっくり返してみました。
すると・・・・
中から何か、白っぽいものが・・・
よく見ると、大きな大きなカブトムシの幼虫でした。
それも、7つぐらいありました。

梅雨に入ったというのに・・・いいお天気が続いています。

田んぼのいねも少しずつ成長しています。

我が家の次男、
今日で5日連続、おたまじゃくし獲りに出かけています。
もちろん、田んぼを荒らしてはいけないので、私も一緒です。

もう何匹つかまえただろう・・・
家のバケツはおたまじゃくしがうじゃうじゃ。

で、昨日、久しぶりに見ました、足の生えたおたまじゃくしを。
まだ、うしろ足だけ。
体の形が、ビミョーにかえるに近くなっています。

かなり、すごく、グロテスク。

写真をアップしようと思ったけれど・・・やめました。

嗚呼、かえるになる日も近い。

1

Shopping



Archive

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM